店舗改装で売上アップを目指そう!改装前に押さえておきたいポイントなどを徹底解説!

このサイトでは、店舗改装を実施するにあたっての売り上げアップを目指せるポイントを見ていくことにします。
店舗はそのお店の顔であり、利用客にとっても店選びをするための参考となります。
集客を目的とするのが基本となるため、ご自身の意見・希望を反映しつつ周囲の評判を気にして実施をしなくてはいけません。
どのような点を押さえれば良いのか、また効果的な施工などについても述べていくので、多くの方に参考にしていただければ幸いです。

店舗改装で売上アップを目指そう!改装前に押さえておきたいポイントなどを徹底解説!

店舗改装のポイントとなるのは、使い勝手の良さと清潔感がカギを握ります。
店舗改装をするということは、以前よりも大きな売り上げアップを目指すのが基本です。
お店のジャンルごとに内装はことなりますが、来店客にとってその場所で長い時間滞在をしたいと思える空間づくりを実施することが望ましいでしょう。
ポイントを押さえながら施工をすれば、ミスをすることもありません。
色んなデザインを参考にして、改装をおこなっていきましょう。

店舗改装の依頼前に準備すべきこととは?

店舗改装を専門の会社に依頼する場合には、依頼する前に準備をしておいた方が良いこともいくつかあります。
店舗改装を依頼する前に準備しておいた方が良いことの一つが、どのようなタイプの店舗を作りたいか、自分たちでもしっかりと計画を立てておくことです。
作りたい店舗のイメージがはっきりしていないと、おこなわなければいけない改装工事の種類も決められなくなってしまうので、できるだけ具体的に、作りたい店舗のイメージを決めておいた方がおすすめです。
改装のためにどれくらいの予算を使用できるかを検討しておくことも、依頼をする前にしておいた方が良いことです。
したいと思っている改装があったとしても、使うことができる予算が限られている場合には実現できない場合もあるので、手持ちの予算でどのようなことができるのかを依頼前に確認しておくことは、非常に重要になります。
基本的なコンセプトを決めておくことも、店舗改装を依頼する前にしておいた方が良いことです。

店舗改装の大まかなスケジュールを把握しておこう

一般的に店舗改装にかかる工期の目安は状況によりますが、1〜2ヶ月が平均的だと言えます。
これは工事に取り掛かってからの期間なので計画期間も含めると丸2ヶ月長い場合には3ヶ月かかる場合もあるので、スケジュールを把握する必要性は大きいです。
ここからは全体的なスケジュールについてお話しします。
店舗改装を始めるときにまず店舗デザインについて企業と相談します。
実際の内装を見た後、デザインを調整にかかった後、1回目の見積もりを提出され、料金プランなどが1回で決まった場合は工事を頼む意匠を決めます。
そこで工費を含めた見積もりを決めて正式発注を行った後に工事が始まります。
工事の開始時には現場で気をつけなければならないことなどを一緒に中間検査として確認します。
最後に施工時に依頼者の目で最終確認を行い、満足のいくものであった場合引き渡しに至り終了します。
計画の段階で納得のものにすぐにいくかいかないかによっても期間は変わっていきます。

店舗改装にかかる費用相場はどれくらい?

一般的な店舗のリニューアルでは、設計と施工の総費用が1000万円を超えます。
しかし工事の方法や使う内装材などの条件によって、金額が大きく変わるのも事実です。
したがって店舗改装工事を発注する場合には、複数の会社の見積書から費用相場を把握することも重要です。
料金が割安でしっかりとした技術を持つ会社を選ぶのが、クオリティーを重視して店舗改装工事を実施するための基本です。
スタンダードな店舗のリニューアルの場合には、坪当たりの工事費用の相場も大体決まっています。
そのために店舗の経営者が相場を把握することで、発注する前に金額の目安を知ることも十分に可能です。
一方でリニューアル工事が長期のなると、店舗の休業で売り上げが大きく減ることも問題です。
けれども工事金額が安くて工期も短いプランを選ぶと、店舗経営への影響を最小限に抑えながらリニューアルが行えます。
金額と工期のシミュレーションを行うことが、満足度の高い工事を行うコツです。

店舗改装にはどれくらいの期間がかかる?

店舗改装のスケジュールは、家のリフォーム工事とは全く異なります。
一般的な坪数と呼ばれている20坪の飲食店で店舗改装の工事を行うとすれば、大まかに見積もって1か月ほどの期間が必要です。
こうした期間は、業者との打ち合わせの際に提示されることがほとんどとなります。
ですが、中には工期の延長を簡単に考える業者もいるので、意識を合わせることはとても大切です。
「20坪の工期が1か月」であることを指標として、さまざまな業者と相談しましょう。
店舗改装が大掛かりであるほど、工事は伸びるものです。
もとも店舗改装を行うには、内装業者と関わったりビルに工事申請書を提出するなど前準備に時間がかかります。
前準備のこのような時間も含めると、改装そのものは3か月ほど時間がかかってしまうのが一般的です。
改装の工事までたどり着けば、あとは完成を待つばかりとなります。
ただし専用技術や特注品がある場合はより長い時間がかかることを覚えておきましょう。

著者:門脇忠義

筆者プロフィール

東京都渋谷区生まれ。
最近自分で経営するカフェを改装し大幅に売上がUP!店舗改装の重要性について記事をまとめています。
京都 店舗改装